にきび・ニキビ跡

お肌のトラブルは沢山ありますが、年齢に関係なく日々気になるお悩みは『ニキビ』ではありませんか?
顔に1つできただけでもとても気になるものです。そのうち治ると放置したり、日常的なトラブルだと軽視されてしまうことが多いようです。ニキビは適切な治療をしないと、色素の沈着や跡にもなってしまうケースもあります。

大人のにきびはお肌自体の力の低下が挙げられます。
年齢によってお肌自体の力が低下すると、角質が固まってしまい毛穴のつまりが解消されず、にきびが出来やすくなるのです。肌のターンオーバーを正常にするために、日頃のスキンケアを続け、気になる症状が出たら、症状悪化する前に医師の診察を受けましょう。

ニキビの種類とケア

にきびには種類があり、白ニキビ → 黒ニキビ → 赤ニキビの順で症状は悪くなっていきます。

白ニキビ

症状
白にきびは、毛穴はふくらんでいるけれど閉じている状態です。
皮脂などが盛り上がっています。
毛穴がふさがった状態の上に、古くなっていらなくなった皮脂が表皮の下にたまっていき、コメド(にきびになる一歩手前の状態)が表れます。
ケア方法
白にきびはにきびの初期段階なので、きちんとした洗顔や毛穴のお手入れをし肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常な状態に戻してあげることでで改善が期待できます。

黒ニキビ

症状
黒にきびは、毛穴が開いて、コメド(ニキビの中心にあるゴマ粒状のもので、にきびになる一歩手前の状態)の先端が黒くなった状態です。
角質層のアカなどが溜まる事が原因です。

毛穴が角質層のアカなどで詰まってしまった後に皮脂が毛穴を押し上げ、空気中の酸素と結びつき酸化することで黒ずみを起こします。
ケア方法
黒にきびも、にきびの症状の中では比較的初期段階なので、きちんとした洗顔や毛穴のお手入れをし、基本的なケアで改善が期待できます。

赤ニキビ

症状
赤にきびは、は、アクネ菌が炎症を起こす物質をつくり出し、皮膚に赤いブツブツが出ている状態です。
原因は、アクネ桿の増殖です。
「アクネ菌」は、毛穴がふさがることで活性化し、増殖します。
アクネ菌の増殖により、毛包が炎症を起こし、赤く腫れ上がります。
ケア方法
赤にきびは、症状の進行や、間違ったケアをすると、にきび跡になったり相当重症になってしまいます。
この状態になったら、専門の医師の診察を受け、適切な処置を受けることをお勧めします。

黄ニキビ

症状
黄にきびは、正式には硬結性座瘡といいます。また、「化膿にきび」とも言います。
赤にきびが進行し、膿みがでて、毛穴周りの組織が真皮までダメージ受けている状態です。
痛みや痒きが伴い、にきび自体が完治しても肌表面の凸凹や色素沈着によるにきび跡が残ってしまう事も多くあります。
ケア方法
専門の医師の診察を受けることをお勧めします。

スペクトラ

お肌表面の角質や汚れを除去するピーリング効果のある波長1064nmレーザーを使用します。ニキビの原因となる毛穴のつまりや角質汚れを除去し、表皮のターンオーバーを活性化させます。

スペクトラについて

フォトフェイシャル

クリアライトと呼ばれる青色の光を併用したクリアライトをあてて活性酸素を発生させます。ニキビの炎症や膿の原因になるアクネ菌の代謝物に照射することで、ニキビ菌を死滅させます。

フォトフェイシャルについて

顔プラセンタ

顔プラセンタは、抗炎症作用/体質改善作用/活性酸素除去作用があります。身体の中からニキビの炎症を抑えます。

顔プラセンタについて

eCO2(エコツー)

ニキビ跡の治療となります。こちらのレーザーを照射することでコラーゲンを再構築、生成させ、新しい肌へ生まれ変わらせることができます。凹凸状態のニキビ跡だけでなく、傷跡、妊娠線、毛穴の解消にも効果があります。

eCO2(エコツー)について

ページトップ

WEB予約

instagram

銀座ファインケアクリニック医師・看護師・カウンセラー採用サイト

Copyright ©2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.