目の下のクマ

疲れて見えるだけでなく、老けた印象を与えてしまう目の下のクマ。
クマには原因や種類があります。患者様の状態に合わせた施術をおすすめ致します。

目の下の皮膚の特徴とは?

 

目の下の皮膚は体の中で一番皮膚が薄く、その薄さは体の中で最も薄く、他の部位の皮膚の1/3程度。
厚さは約0.6ミリ(卵の薄皮ぐらい)ときわめて薄いデリケートな部分です。
そのため、メラニン色素が薄い皮膚を通して透けて見えやすい部分で、新陳代謝も悪くなりやすい部分です。

どうしてクマができてしまうの?

1. 血行不良タイプ
くすみを引き起こす原因のひとつとして、「うっ滞」が考えられます。疲労やストレスによって顔の血液やリンパの循環が悪くなるのです。
加齢による皮膚表面の毛細血管の萎縮や疲労・ストレスによる血流の減少によりヘモグロビンの血中濃度が減少することによって肌の健康的な赤みが減少し青黒く見えるので、くすんで見えるのです。
2. 色素沈着タイプ
茶色っぽいクマは色素沈着の影響が大きいといえます。
色素沈着の原因は新陳代謝(ターンオーバー)の遅れによって肌表面の角質が厚くなることが考えられます。
通常、健康な肌は 28 日周期で生まれ変わり、透明感と柔らかさを兼ね備えます。
ところが、顔の血行不良や乾燥・肌荒れや年齢を重ねることで、新陳代謝が乱れると、28日で剥がれ落ちていくはずの死んだ角質細胞がそのままアカとなって肌に溜まっていってしまう(角質肥厚)を引き起こします。
死んだ角質細胞は普通の肌細胞に比べると黒いため、肌は透明感を失い、くすんで見えるのです。

顔プラセンタ

プラセンタには『抹消血管血流促進作用』 『メラニン抑制作用』がありますので、目の下のクマを目立たなくします。

顔プラセンタについて

下眼瞼形成(目の下のたるみを取る)

下瞼の皮膚・脂肪による「たるみ」を除去する手術です。 瞼縁の皮膚を切開し、下瞼の「眼窩脂肪」を除去、あるいは適切な位置に移動して、瞼のたるみを改善します。この際、余剰な皮膚を切除することで、皮膚によるたるみ、クマを改善します。

下眼瞼形成について

ページトップ

WEB予約

instagram

銀座ファインケアクリニック医師・看護師・カウンセラー採用サイト

Copyright ©2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.