目の周りの美容整形

目は顔の中でも、印象を最も大きく左右する重要なパーツです。
当クリニックでは、顔全体のバランスをみながら患者様の本来の美しさを大切にしつつ、自然な仕上がりになるよう施術を行います。

 

埋没法(切らずに二重まぶた)

埋没法は糸をまぶた内に「埋没させる」ことで二重瞼を形成する、切らない手術です。

施術について

切開法重瞼(術後戻らない二重まぶた)

「希望の重瞼線の位置で皮膚を切開し、皮膚を眼瞼挙筋に縫い付けることで重瞼線を形成する手術です。 希望の重瞼線の位置が確定していて、術後の後戻りを避けたい方に適応となります。

施術について

挙筋前転(目の開きを大きくする)

「挙筋前転」とは、本来、眼瞼下垂症の症状には適応される形成外科的な手術手技で、瞼の開きを大きくすることができます。

施術について

目頭切開(目の幅を大きくする)

目頭切開とは、目頭部分にかぶさっている「蒙古襞」を切り開く手術です。「蒙古襞」を切開することにより、目の横幅が目頭に向かって長くなるので、お顔の印象が全体的にシャープになります。

施術について

眉毛下皮膚切除(瞼のたるみを取る)

「眼瞼挙筋」の機能が良好で、瞼の開きは良いが、皮膚がたるんでしまっている場合には、たるんだ皮膚を切除する術式が適応となります。

施術について

下眼瞼形成(目の下のたるみを取る)

下瞼の皮膚・脂肪による「たるみ」を除去する手術です。 瞼縁の皮膚を切開し、下瞼の「眼窩脂肪」を除去、あるいは適切な位置に移動して、瞼のたるみを改善します。この際、余剰な皮膚を切除することで、皮膚によるたるみも改善します。

施術について

ページトップ

WEB予約

instagram

銀座ファインケアクリニック医師・看護師・カウンセラー採用サイト

Copyright ©2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.