切開法重瞼(術後戻らない二重)

切開法重瞼(術後戻らない二重)

切開法重瞼は希望されるくっきりとした二重まぶたを実現します。 ご希望の二重のライン位置で皮膚を切開し、皮膚を眼瞼挙筋に縫い付けることで二重まぶたを形成する手術です。 術後の後戻りを避けたい方適応となります。顔全体のバランスをみながら、患者様の本来の美しさを大切にしつつ自然な仕上がりになるよう、施術を行います。

症例写真


施術前
 
治療後
施術後
(1ヶ月後)
執刀医による解説
手術前は二重幅が狭く、所謂「末広型」の二重でした。
また、上眼瞼の脂肪が多いため、やや厚ぼったい印象の瞼です。
この方の場合、患者様の希望で、重瞼幅を広くし、「平行型」の二重にするとともに、「ぱっちりした」印象に変えるための手術を行いました。
手術では、元々の重瞼線より上に新たな重瞼線を設定して切開し、「眼瞼挙筋」を引っ張って瞼の開きを大きくするとともに、余剰な「眼窩脂肪」を摘出しました。
右は術後1ヶ月の状態ですが、術前と比較して、瞼の厚ぼったい印象も改善し、すっきりした印象となっています。
また、希望通りの平行型の重瞼線となりました。

手術のご説明

希望される二重のラインに合わせて切開し、二重瞼を形成いたします。
また、皮膚を切除しない方法と皮膚を切除する方法がございます。脂肪の多い方は脂肪の切除も可能です。

  • 【二重ラインに合わせて切開】
    希望される二重のラインに合わせて切開。ここで皮膚や脂肪の多い方は切除も可能です。
  • 【縫合】
    縫い合わせます

施術について

施術時間 約60分
ダウンタイム 1~2週間
アフターケア 1週間後抜糸、1ヶ月毎に3~6ヶ月まで無料にて再診します。

ページトップ

WEB予約

instagram

銀座ファインケアクリニック医師・看護師・カウンセラー採用サイト

Copyright ©2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.