眉毛下皮膚切除(まぶたのたるみを取る)

眉毛下皮膚切除(まぶたのたるみを取る)

まぶたの開きは良いのですが、皮膚がたるんでしまっている場合、たるんでしまったまぶたの皮膚と眼輪筋を除去します。若々しいすっきりとした目元を手に入れてください。

症例写真


施術前
 
治療後
施術後
(3か月後)
執刀医による解説
術前、年齢とともに上眼瞼の皮膚が垂れ下がり、視界にかぶさるまでになってしまっています。
一方で、瞼縁の位置をみると、瞼自体は大きく開くことができているので、「眼瞼挙筋」の機能は問題ないことがわかります。 このようなケースでは、たるんだ皮膚を切除することで、すっきりした印象の瞼にすることができます。
皮膚を切除する場合、重瞼線の位置に合わせる方法もありますが、この方の場合、目元の印象をあまり変えずに、すっきりさせたいとご希望であったため、眉毛下で皮膚切除を行いました。
右は術後3か月の状態ですが、眉毛下の傷痕もほとんどわからないくらいになり、自然な状態ですっきりした印象の瞼となりました。

手術のご説明

たるんでしまった瞼の皮膚と眼輪筋を除去する手術です。
瞼の開きは良いが皮膚がたるんでしまっている場合には、たるんだ皮膚を切除する施術となります。

  • 【眉毛下の皮膚を切除】
    眉毛のすぐ下の皮膚を切除します
  • 【縫合】
    縫い合わせ終了となります。
    眉毛のすぐ下を縫い合わせますので
    傷が目立ちません。

施術について

施術時間 約60分
ダウンタイム 1~2週間
アフターケア 1週間後抜糸、1ヶ月毎に3~6ヶ月まで無料にて再診します。

ページトップ

WEB予約

instagram

銀座ファインケアクリニック医師・看護師・カウンセラー採用サイト

Copyright ©2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.